離婚の実態を知っておこう

年金分割を知る

離婚した妻に年金分割される

昨今、テレビドラマなどで取り出されるほど話題になった熟年離婚。現在は一時のようなブームとなってはいませんが、熟年離婚は現在もにわかに増加しております。熟年離婚で妻側の大きな関心といえば「年金」についてですが、平成19年4月より「離婚時年金分割制度」が実施となりました。

離婚時年金分割制度とは?

結婚している期間に支払った厚生年金保険料を夫のみではなく、妻も一緒に支払ったものとして考えることで、離婚時には、婚姻期間中に相当する分の厚生年金(報酬比例部分)を夫と妻で分割することができると言うことです。

最終的には離婚時の夫婦の結婚していた期間の年金について50%(半分)ずつ受給権を得ることを目的としています。平成19年4月導入後、平成20年4月以降に内容に変更が加わる予定となっています。

平成19年4月導入の離婚時年金分割制度

婚姻期間中に対応する夫の厚生年金の半分(二分の一※報酬比例部分)を上限とし、年金分割(支給される年金は自分名義となる)して、年金を受け取る年齢になったときに、直接社会保険事務所より支給となる仕組みです。分割比率ですが、夫と妻の話し合いにより合意をとりつけ、離婚協議書作成後、公正証書にして社会保険事務所に提出します。 夫婦の話し合いで合意に至らなかった場合、家庭裁判所にて調停の申立を行い決定してもらいます。

婚姻期間中の妻が専業主婦だった場合、夫婦として暮らしてきた期間に相当する夫の年金の最大で半分(二分の一)を受給することができます。また、妻が仕事をしていた場合は、夫婦として暮らしてきた期間において、夫と妻の厚生年金を足して、これの半分(二分の一)を上限として受給します。

平成20年4月からの離婚時年金分割制度

平成20年4月からは加入期間について、年金は半分(二分の一)ずつの自動的分割になります。離婚時に話しあいによる比率の合意が必要なくなります。従って、平成20年4月以降に離婚した場合、妻が専業主婦の例とすると、結婚していた期間に相当する夫の厚生年金の半分(二分の一)を自動的に受け取ることができるようになります。

しかし、自動的に半分を受け取ることができるのは平成20年4月以降の期間に相当しますので、その前の期間については協議による話し合い、こじれた場合は、調停による決定が必要となります。

離婚時年金分割−専業主婦の場合

話し合いによる離婚回避を知るへ進む

トップーページ(離婚・相談)へ戻る

▲先頭へ戻る

リンク || 相互リンクお申し込み || お問い合わせ

離婚・相談トップページへ